茶道師範

◆茶道師範とは

日本の伝統文化である茶道は、湯を沸かし、点てた茶を振舞います。その歴史は古く、平安時代にまで遡ります。

お茶の入れ方のみならず茶室のあつらえ、器、華道などもてなしに対しての深い知識を必要とします。茶道に秀でた人は「茶人」と言います。

茶道(さどう、ちゃどう)とは、日本伝統の湯を沸かし、茶を点(た)て、茶を振る舞う行為(茶の儀式)。また、それを基本とした様式と芸道。

主客の一体感を旨とし、茶碗に始まる茶道具や茶室の床の間にかける禅語などの掛け物は個々の美術品である以上に全体を構成する要素として一体となり、茶事として進行するその時間自体が総合芸術とされる。

引用元:wikipedia・茶道

 

流派

茶道には様々な流派があります。
下記は「三千家(さんせんけ)」と呼ばれる茶道の流派です。

  • 裏千家・・・茶道諸流派中最大の流派。
  • 表千家・・・千利休を祖とする千家の家督を継いだ千家流茶道の本家。
  • 武者小路千家・・・千利休からの家督を継いだ本家の分家の一つ。

なりかた・資格・収入・等

茶道を教えるには「師範」の資格が必要です。幾つもの流派があるのですが、師範になるまでは10年程度の年月はかかります。

師範の資格を得る事ができれば、年を重ねてもその道で活躍することは可能ですから考えようによっては十分身になる投資と言えるかも知れません。

師範になれば、自宅やカルチャーセンター等で教室を開くことが可能です。中には他に職を持ちながら副業でお茶の先生をしている人もいます。

 

関連記事・参照先

スポンサードリンク